2014年03月11日

お客さんを増やして、しかも儲かるお店を作る方法とは?

来店客数を増やす最後の方法について

今日は解説する。


その方法とは・・・。

来店頻度を増加させることだ。


これは、コンビニ経営を行う上でももっとも大事な事だ。


月1 回しか利用してもらえないお客さんに

週1回来店してもらう。


週1回しか来店してもらえないお客さんに

週3回来店してもらう。


週3回しか来店してもらえないお客さんに

毎日来店してもらう。


朝しかこないお客さんに

昼もきてもらう。


朝と昼しかきてくれないお客さんに

晩もきてもらう。



たったこれだけで、あなたのお店の延べ客数は

5倍~10倍に増えるはずだ。


この積み重ねが商売の成功の秘訣なのである。




では、どうやって来店頻度をあげればいいのか?


考えてみれば、実に単純なことである。



たとえば、

あなたが醤油1L を購入したとする。


それを使い切るのに

どれ位期間が必要だろうか?


3ヶ月? 

半年?


そして、使い切るまで余程の安売りでない限り

次の醤油は購入しないと思う。


しかも・・・。

安売りの時にまとめて2~3本購入したとすると、
1
 年位は醤油の需要はなくなるのだ。


次に・・・。

牛乳1L 購入する。


これを使い切るのにどれ位必要か?

1 日?

 2日?


少なくとも2~3日で使い切るのでは

ないだろうか?




しかも、


安いからといって毎日1本消費する様な

家庭で無い限り、まとめて購入という事はしない。


となると・・・。


牛乳を購入するお客さんは

少なくとも週に2~3回は来店してくれるという事になる。


醤油→非デイリー商品(消費期限が長い商品)


牛乳→デイリー商品(消費期限が短い商品)


つまり・・・。


消費期限の短い商品を扱う商売ほど

お客さんの来店頻度が高くなるのだ。



さらに・・・。


牛乳ではなく、

お弁当、

おにぎりはどうだろうか?


消費期限は1 日未満。


しかも販売チャンスは朝:昼:晩の3回あります。




つまり・・・。

お弁当、

おにぎりといった商品は

売れ残ると廃棄ロスになるという困った商品であるものの

集客効果としては強大な力を発揮するのだ。


そういう意味では、

販売期限の短いデイリー商品が美味しいチェーンが

コンビニ経営の観点に立つと非常に有利に

展開できるのは当たり前のこと。


さらに、さらに・・・・。


この商売の考え方にはオマケがつく。


現在の食生活の変化で、ほとんどの方は

食事をする時に飲み物を飲む。


今、日本で一番売れている飲み物は

所謂「お茶系ドリンク」だ。


おにぎり、お弁当は売れ残ると廃棄ロスになるという

弱点があるが、飲み物はほとんどロスがでない。

しかも・・・。

コンビニのドリンクはスーパー等が100円で

販売している商品も定価で販売可能。

つまり、非常に粗利率が高い儲かる商品なのだ。


この粗利率の高い商品を

お弁当とセットで購入されるという事実。


これがコンビニの非常に大きな収益源になっているという事を

忘れてはならない。


デイリー商品を強化するという事は、お客さんの来店頻度を高め、

しかも粗利益の高い商品も合わせて販売できるというメリットがあるのだ。


2014年03月10日

論理的に売上を上げる3つの方法とは?

売上UP の具体的手法を

算数的に表現すると、

売上=客数×客単価 になる。


つまり、

売上をUP さ
せるには

客数を増加させるか、


客単価を増加させる事が必要になるということだ。
 

では・・・。


今回は客数増加について考えていこう。



客数はどういう要因で増えるのか?

 
次の3つが考えられる。
 

① 店舗のまわりの人口が増加する

② 店舗利用者が増加する。

③ 来店頻度が向上する。




では、1つ1つ解説しよう。


①店舗のまわりの人口が増加する。

これは、余程のマンション増加地区や住宅建設ラッシュ、

新規オフィスビルが供給されるといった

外的要因に因るところが大きい。


だから、あなたが不動産投資王ならいざしらず、

自ら引き起こすには、なかなか難しい。


②店舗利用者が増加する。

普通の小売店が売上不振に陥ると何をするか?


まず、閉店時間を延長する。


開店時間を繰り上げる。


といった事を行う。


 
つまり・・・。

営業時間を延長する事で、今まで取り込めなかった

客層を取り込むという方法をとるのだ。

 
コンビニは・・・。

歴史的に24 時間営業にして

客数を増加してきたのだ。

 ただ、今となっては長時間営業は当たり前。



 そして・・・。

今、新しい波が起こっている。


それは・・・。

高齢者(と呼んでいいものか)の利用率の増加だ。

 
特に、40~60代のエルダー層の客数増加率は

凄まじいものがある。。


これは・・・。

コンビニという業態が生まれて30年以上経過し、

当時の若者と呼ばれてた世代がコンビニと一緒に

年齢を重ねてきて、完全に認知度を得た事が要因である。

 
片や、40~50代であっても主婦層においては

コンビニを毛嫌いする方が多いのも事実。

 
しかし、一旦、コンビニファンになると

来店頻度及び購入金額ともにTOPになるのが

この40~50代の主婦層なのだ。


かつて、コンビニは若者の店と言われていたが、

もはや幅広い年齢層を持つ店舗業態なのである。

更に、

配達等で来店できない客層を

取り込んでいく事ができれば、

新たな利用客を生み出す事ができ、

客数増加に繋がる事は間違いない。 



そして・・・。


もっとも客数を増やす方法について、次回解説しよう 


2014年03月09日

商売の基本なんて言われなくても知っているという人の落とし穴

コンビニの売上を上げる4つの絶対法則

① お客さんの立場にたった接客

② 豊富な品揃え

③ 清潔なお店

④ 新鮮で最新の商品


つまり、この4つを徹底すればお客さんが

満足してくれるお店になる。



きっと、あなたは思ったはずだ。 


「なんだ、そりゃ。当たり前じゃないか」



そう思って当然なのだ。
 

だって、あなたは経営者なのだから。



でも、


これを理解している人が

必ず陥る落とし穴があるのだ。


それは・・・。


あることを思い出して欲しい。


当然ながら、通常であれば

お店は24 時間年中無休で営業。


では、あなたに、質問する。



そのうち、あなたがお客さんに

直接触れている時間はどれくらいあるだろうか?




商品の発注もしなければならない。




伝票の処理もしなくてはならない。



アルバイトのシフトも作らなければならない。


掃除もしなければいけない。



恐らく。。。。


実際には売り場に立っている時間は

多くても数時間程度しかないはずだ。


それ以外の時間帯は

誰がお客さんに対応しているのか?


たとえば、

学生のアルバイトさん?

主婦のパートさん?

フリーターの金髪少年?
 


そういった方達が、あなたと同じ様な感覚で

4つの基本を理解して、実践しているだろうか?


はっきりいって、


それを従業員1 人1 人まで徹底できている

お店はほとんどない。



逆に・・・。



それだけの事を徹底するだけで、

競合店と大きく差別化できる店舗になるのだ。



口で言うのは簡単。


でも、その状態を保ち続ける事は容易ではない。



それでもやらなければならないのだ。


だって、あなたはTOP5%のコンビニ店を

目指すのだから!! 


top5_cvs at 23:51|PermalinkComments(0)